オゾン脱臭機の実験をしてみた! 南あわじ市八木新事務所

20180404_004744324_iOS-e1522843705805

新事務所オープンに向けて倉庫に置いてあった冷蔵庫を持ってきました。きっちり内部の清掃をしてから置いてあったのですが臭いが!!オゾン発生器の出番です。

一般的な消臭剤による脱臭は、悪臭を芳香成分により包み込み臭いをごまかすマスキングといわれる方法で、根本的に悪臭物質の分解や除去はされません。それに比べオゾンは塩素の数倍の酸化力があり、この特性により臭いを元から分解してしまうため、脱臭に優れた効果を発揮します。さらに気体だから壁やソファーの繊維の奥まで浸透し分解脱臭してくれます。

弊社ではマンション退去後の消臭やホテルのたばこ臭対策によく登場します。

オゾンO3の原料は酸素で、オゾンそのものは有害ですが、発生後5時間程度で酸素になるため、使用方法によっては最も安全と言えます。水の中にオゾンを浸透させオゾン水としても活躍します。

うちの子供たちのスポーツシューズもオゾン水にひたしておけばほとんど匂わなく無くなります(笑)

お問い合わせはこちら